Works

商品づくり協力

主旨

■財務面の状況から大規模な設備投資は当面できないが、商品の再構築、商品力の強化の必要性を感じている経営者をサポートいたします。

■環境・施設・料理・サービスの商品構成要素を分析し、限られた予算の中で効果的な「新たな商品づくり」のご提案をいたします。

商品づくり協力業務の概要

目指す旅館像についてお打ち合せさせていただいた上で、ご提案いたします。下記のような内容を通じて、商品づくりの企画監修業務をいたします。

ご依頼内容に応じて、下記の業務もご提供いたします

① マスタープラン作成(以下のご要望等により)
  ・将来方向の明確化の為の指針が欲しい。
  ・敷地・施設の活用方向を定めておきたい。
② 宿泊モニター調査
③ サービス実務研修

設備投資協力

主旨

■設備投資の是非の判断、基本計画の作成および実施、備品調達計画、営業・販売促進計画、制度確立、訓練等、トータルな視点でコーディネートをいたします。

設備投資協力業務の概要

1. 設備投資診断

立地条件、市場調査、現状の経営分析などから、まず設備投資をすべきかどうかを検討し、するならば、どの程度の投資規模で、どのような商品を作りあげていくのかを検討をします。

2. 基本計画

設備投資で最も重要な業務です。基本計画というのは、経営者が建設したいと考えている“理想”を整理し、組織だて、これをあらゆる角度から検討、その適否をコメントしていきます。

(1)設計者の選定(リョケングループより)
(2)企画に関する調査、協議への参画
(3)設備投資及びオープン後の経営計画の為の建設計画書の作成

3. 建設計画書

建設計画書は、投資の考え方・方針を整理した上で、計画の概算投資額、目標売上、経費(材料費、人件費、営業経費)、利益、減価償却、借入金返済計画、資金繰など10年間の長期収支計画をまとめたものです。机上の推論でなく、過去のデータから割出した経営力、市場性、販売力などを勘案し、妥当性を持ったものとして作成し、活用されます。また、この計画書に基づいて、資金調達に入ります。政府系、民間を問わず、金融機関に提出する融資斡旋申請書に添付する建設計画書が準備されなければいけません。

4. 工事進捗の調整

工事の進捗に伴い、工事監理状況、施工状況の調整をいたします。

5. 什器備品調達の予算管理と調整

建築以外の什器備品については、コンセプトに基づいて方針を設定し、予算の編成をすると共に、建築、営業方針に基づいて、より安く、より良いものを調達すべく協力します。

(1)実行予算の編成 (2)見積徴収先の選定 (3)厨房配置の検討 (4)家具・調度品の選定(5)価格の調整

6. 什器備品調達の予算管理と調整

建築以外の什器備品については、コンセプトに基づいて方針を設定し、予算の編成をすると共に、建築、営業方針に基づいて、より安く、より良いものを調達すべく協力します。

(1)営業方針・政策の検討 (2)料金制度の検討(3)料理方針、施策の検討 (4)サービスシステムの検討 (5)運営管理スシステムの検討

7. 内部諸制度の調整助言

営業方針に基づいて、必要により組織配置を決め、それぞれの動き方とシステム、帳票類検討の協力をします。

8. 広告宣伝イベント計画

(株)エイエイピーが行なう、オープンまでの総合的な広告宣伝及びオープン後の宣伝の方法について指導・調整を行ないます。

(1)販促計画・ネーミング全般 (2)サイン計画等

9. 開業前の教育訓練

オープンまでの間に幹部、一般社員に分けて教育訓練を行ないます。

(1)総合研修 (2)実務研修

当サイトで使用している写真および文章の無断での二次利用・転載を固く禁じます。
Copyright © Ryoken Co ltd All rightsreserved.