Seminar

セミナー・各講座の説明

旅館大学セミナー

旅館経営研究所に改称した当初は、ごく少数の参加者による勉強会だったものが、昭和40年代に入り講演や地域懇談会といったスタイルに変化し、回数も増加しました。旅館の要望に応えて、旅館の二世の育成を目的とし、「旅館大学」という名称でセミナーを開催しはじめたことが、今日の「旅館大学セミナー」の前身です。
昭和46年12月に長野県・浅間温泉で第1回の「旅館大学セミナー」を開催。昭和50年代以降は年間計画に基づいた定期開催となり、通算150回を超えました。延べ参加者数は15,000人を遥かに超えており、旅館業界で随一のセミナーとなっています。

各種講座

サービス技能向上講座

旅館大学セミナーが多数の参加者が集い、幅広く知識と交流を深める大型セミナーになったことを受けて、次代を担う経営後継者を中心とした経営幹部の育成、後継者同志の交流の支援などを目的としてスタートいたしました。勉強会のスタイルを基本に、実務研修や視察研修など多彩なプログラムで学んでいただきます。

「接客基礎・料理提供 編」
「リーダー養成 編」
「フロント・予約 編」

事例研究会では、リョケンがお手伝いした具体的な協力事例を紹介するとともに、個別での無料相談の時間を設け、相互の意見交換の場を提供しています。

当サイトで使用している写真および文章の無断での二次利用・転載を固く禁じます。
Copyright © Ryoken Co ltd All rightsreserved.